想定外のコロナ禍で転職して1年。振り返る。

f:id:chororooo:20210304093006j:plain

都内在住です。

昨年の3末に4年務めた前職を退職。1ヶ月有休消化をして5月から今の会社に転職(3社目)しました。

振り返りと今やるべきことをまとめます。

時系列

2019年

12月:面接1回目(対面)

2020年

1月:面接2回目(対面) -> 数日後メールで内定通知を貰う

2月:退職報告(前職はまだ普通に出社)。オファー面談(現職は既に完全リモート)

3月:引き継ぎ、退職(前職はまだ一部を除いて普通に出社)

4月:緊急事態宣言。入社までにコロナにかかってはいけないと思い、全ての旅行をキャンセル。

5月:入社(完全リモート)

10月頃:ついに職場の方数名と対面

2021年

3月の今:完全リモート継続中

印象に残る悲しかったこと

計画していた4月の旅行全キャンセル。

鳥取、島根、秋田等に行く予定だったがキャンセル。

しかも入社前にコロナにかかるまいと殆ど外に出なかった。

家でずっとゲームするか、オンラインで出来る講習を受けたり勉強したりしてた。

誰かに会わなかったし連絡も取らなかった。もうほんと一人って感じ。

twitter位しか情報源がなかったので、コロナの恐怖は最高潮でした。

印象に残る嬉しかったこと

全員ではなく数名で1回だけはあるが、今の会社の人と対面で会えたこと。

一度もあってないが半年近く一緒に仕事をしていた人に会うのは、オンライゲームのオフ会のような雰囲気であった(オフ会したことないけど)

そんな大した話はしていないが、やっと会えたことに感動を覚えた。

リモートで会話をしても相手を知ることは出来ると思うが、一度対面で会うだけでその価値が何倍にも膨れるのだと実感した。

(くだらないかもしれないが、このとき相手の背丈を初めて知ったのだ!想像との身長差に驚くのだ!)

あと、前職退職時あんな大変な時期に大勢の人が送別の場を作ってくれたこと!

部下の人たちがめっちゃ泣いてくれたこと(私も泣いた)。

あーここで働いててよかったなーこれからも頑張らねばなーって思いました。

1年を振り返って。現職と前職

前職より今の方が会社としてコロナに対する体制というか、リモート推奨をしている所は嬉しいところ。

転職はコロナ前から決めていたし、今の会社は色々な理由で行きたいと思っていたので後悔はない。

一緒に仕事する方々や上司との雑談も比較的できている方だと思う。

ただ、もし前職にいたらどうなってただろうと時々考える。

前職ではいわゆる管理職をしていた。

大変なこともあったが部下、上司、他部署ともに人間関係も成果も良好で、元々リモートの人と混合の部署だった。

2チームいて、2チームともスクラムの体制・取り組みを行っていてそれぞれ色があった。

私の退職により2チームは1チームにして、当時の片方のチームの方にマネージャをやってもらっている。

退職して半年後位に前職の何名かに会った。

それぞれがそれぞれの信頼関係を得つつ、一人一人がどうしたらチームがもっと良くなるのかを考えいた。

今まで違ったチームの人同士もすっかり仲良くなっていた。 少なくともコロナの影響は全く感じなかった。

コロナ禍で世の中結構モチベ下がってる中、嘘だろって感じ。いやーすごい。

自分が辞めることで成長ギアが上がったのかなって思っちゃった。

帰りちょっと涙でたよ私。

嬉しかったなー。自分ナイス退職!

して、現職と比較してみる。

現職はリモートが早かったからなのか、リモートの経験が足りないのか、一人一人のスキルが高いからなのか。

コロナによるコミュニケーション不足による変化は大きく受けていたようだ。

圧倒的ドキュメント不足、計画はそれぞれが計画、チーム内で話し合いもなく個人で進められる一人一人のタスク。

ちなみに管理職ではなく、メンバーでチームに入っている。

上司や周りの人に恵まれていたのが幸いして、入社後になるべく会話やドキュメントで既存業務や仕様を教えてもらい、現在無事にオンボーディングすることができていると思う。

ただ逆にそのあとは自ら考え計画し淡々と進めていく作業が多くなった。

慣れるとコミュニケーションは密では無くなった。

必要な時に必要なことを話し、休みたい時は休んで

集中できるときに集中してやる。そういった効率的な働き方をすることが可能になった。

作業効率は正直上がってはいないと思う。

また、きっと会社が求める期待値は超えていない。

対面だったら超えたのかもしれないし、超えなかったのかもしれない。

会社にいる緊張感、誰かと話すことにより見える文字にならない現状把握とモチベーション向上は

前職比較だが私にとって成果を出すことに寄与していたと思う。

今後雑談の重要性がスポットライトを浴びるのか、はたまた個人の裁量がもっと大きくなってセルフマネジメントがもっと上手くなるのか。

これから

結論、今は後者のセルフマネジメント力を高める機会だと思っている。

お風呂と日中の散歩、十分な睡眠、野菜や納豆、ヨーグルト等を食べる食事など、 健康的な生活を送る中で着実に出来る・やりたい事をしていく。

自分に甘くても自分を責めない。

進捗が少しでも進んだら自分を褒める。

周りと比較しない。比較されても気にしない。

周りを見るときは、みんなこの突然のリモートの影響を受けているということを認識すること。

対面しなくても、相手に対して誠実な対応をとり、思いやる気持ちを忘れないこと。

コロナがあけたらどうなるかわからないが、それさえ心がけていれば きっと何があっても楽しく過ごせるんじゃないかなと思います。

南アフリカ共和国(ケープタウン )-2日目-

2日目

朝7:00

朝日に照らされたテーブルマウンテン、本当に綺麗でした。

f:id:chororooo:20180908174805j:plain

朝8:00,ゲストハウスの朝食をいただく。

バイキング形式やコンチネンタルブレックファーストを想像してたが

そんなレベルではなかった。

経験したことはないが、おそらくあればヨーロピアンブレックファーストと呼ばれるものだろう。

  • 食卓にフランスパンとイギリスパンの中間みたいなパンが2種スライスされてバケッド。

  • ベリー系のジャムの瓶が合計3種。

  • ヨーグルトが小瓶に入った状態で1氷入りのボウルの中に10個位

  • シリアルの瓶、グラノーラ、ハニーグラノーラの瓶が1つずつ

  • フルーツ(マンゴーのまるごとスライス、ブルーベリー等が入ってた)の皿が1つ

  • 4種のチーズが専用ナイフを添えて1皿

  • フレッシュジュース(グァバ、マンゴー)が1瓶ずつ

自分たちの前には真っ白な皿とコーヒーカップ

あと小さなジュース用のグラスが1つずつおかれていた。

すでにヨーロッパの旅行客らしき方々が食事をしていた。

何日か滞在してるようで、オーナーにパンを焼いてほしいとお願いしてた。

スウェーデンの方で、登山っぽい格好をしていたのでおそらくテーブルマウンテンに登りに来たのだと。

コーヒーをオーナーがいれてくれ、見よう見まねでヨーロピアンブレックファーストを食す。

(まあ用は食卓でバイキングしてるのと同じ食べ方でよい)

最後にバターとネギでオシャンティな味付けのスクランブルエッグをいただき完食。

f:id:chororooo:20180908174920j:plain

準備を整えて、バスに乗って

f:id:chororooo:20180908175703j:plain f:id:chororooo:20180908175616j:plain

シビックセンターからのウォーターフロントへ到着。 外は少し曇り空。

f:id:chororooo:20180908175112j:plain

ロベン島ツアーをしに乗船場にいくと、

f:id:chororooo:20180908175257j:plain

なんと高波のため欠航。金曜日にリスケした。

しょうがないのでウォーターフロント散策。

まあなんとも都会。

なんとも安全な雰囲気。

西洋風横浜って感じで。

早くもお土産やさんで買い物三昧。

写真撮りざんまい。

昼ごはんはハンバーガー(ここはどこだ)

f:id:chororooo:20180908180808j:plain

そして食後のコーヒー(都会だ)

f:id:chororooo:20180908180810j:plain

水不足を解消しようとペンキで書かれたsave waterの文字。

f:id:chororooo:20180908175252j:plain f:id:chororooo:20180908175329j:plain f:id:chororooo:20180908175235j:plain

ひますぎて予定になかった水族館へ。 なんと館内写真取り放題。撮りまくりました。(このくらい、安全なのです)

f:id:chororooo:20180908180403j:plain f:id:chororooo:20180908180404j:plain f:id:chororooo:20180908180143j:plain f:id:chororooo:20180908180149j:plain f:id:chororooo:20180908180155j:plain

一通り見た後ウォーターフロントのカフェでまったり。

お勧めが"レッドラテ"って書いてあるからとりあえず頼んでみたら

ルイボスティーのラテでした。おいしかった。

f:id:chororooo:20180908181050j:plain

晩御飯はゲストハウス近くのパブでご飯。

トルティーヤにチキン的な何かが入っている。

f:id:chororooo:20180908181128j:plain

暗くて写真は取れなかったが

サーモンの照り焼きマヨネーズなど醤油っぽい味付け+マヨネーズといった味付けが多い料理が揃っていた。

日本の醤油マヨは万国共通でうまいようだ。

南アフリカ共和国(ケープタウン )旅行 - 1日目-

1日目

約20h?の往路。時差からの時差、サマータイム入りで時間感覚がわからなくなりましたが、道のりは長かった。

現地時間16:30、ケープタウン 空港着。

f:id:chororooo:20180908171603j:plain

外はまだ明るく夕方になったところ。

気温はマウンテンパーカーとヒートテック着てちょっとだけ肌寒い位。

外に出てMicityパスというSuicaみたいなカードを購入。バス停のすぐ横に窓口がある。

Mycityパスって窓口のお姉さんに言えば買える。

正確にはMycityパスMover?(旅行者用)ってやつらしいが旅行者っぽかったので受付のお姉さんが空気読んでくれた。

チャージ金額を聞かれるのでチャージ。混雑時間は少し値上がりするらしいが、

ケープタウン市内のホテルまでなら、100Rで十分。

ちなみに私はここで100Rチャージし

チャージ額がないと怒られるんじゃないかとビビって

シビックセンター駅の窓口で更に200Rチャージしましたが、

4日間使いまくっても196R余りました。

しかもMoverだとバス以外で使えないそう。

Moverじゃない別のMyCityだとデビットカードとして店での買い物でも使えます。

MyCityの中のどのMyCityを買うかはあらかじめ選んでおいた方が得策。

Suicaをお店で使える式とJRしか使えない式を選ぶ感覚と近しいと思う。

そう考えると日本のSuicaPASMOとかって万能ですごい。

空港 - シビックセンター駅まで約30分。

混雑時は1h〜1.5hかかるらしいです。

シビックセンターからバスを乗り継ぐ。

バスの時刻表は電光(っていうかめちゃ綺麗なディスプレイ)掲示板ででてるし、

どの駅に停まるかも書いてある。

さらにバスの従業員が常にバス停の番号ごとに立っているので聞けば教えてくれる。

シビックセンターからホテル近くの駅まで10分

ちなみに、日本同様バスのSTOPボタンをおすとバス停に停まるが、

バス停が近づいてることは教えてくれるときとくれないときがある。

バス停の順番を覚え、外のバス停の看板をよく見ておかないと素通りされる。

Google Mapで常に現在地を見ておいて、目的のバス停近くになったら

外を見ながら1つ前のバス停をすぎたことを確認した後、STOPボタンを押すのがおすすめ。

本当にわからなければバスに乗ってる人に聞いた方がよいです。

都会だし皆とても親切なので、よほどあなたが失礼なことをしない限りorよほど怪しい人に声をかけない限り

お金とか要求される心配なくちゃんと教えてくれます。

ゲストハウスに到着。

ゲストハウスと聞いて居たので二階建てベッドやボロボロの家を想像してたのですが、

まるで田園調布のような高級住宅街の高級住宅の一部屋で大理石の床のシャワートイレ付きした。

オーナーの方はスイスのご婦人でケープタウンに移住してきたとのこと。

IWCの時計を身につけて居たのでおそらくとんでもない大富豪だと。

ウェルカムティーとしてルイボスティーをいただく。

今まで飲んだルイボスティーの中で一番美味しかった。

テーブルマウンテン近くのゲストハウスのため、中心街の夜景が非常に綺麗でした。

f:id:chororooo:20180908171612j:plain

ただ、女二人だというのにダブルベッド。。。そうゆう関係に思われたのでしょうか。。。

ま、まあいいや。。ってことでこの日は疲れて晩御飯も食べずに就寝。

ドバイ空港の思い出

東京 - ケープタウン のトランジットで使ったドバイ空港の思い出である。

  • ドバイ空港

ドバイで待っている時にスターバックスでホットラテを注文 Single or Double ?って聞かれたのでシングルを選択。 そう、ショットの数です。ドバイはデフォルトでオプションをつけてくるので、いらない人はNothingと答えましょう。 同様にアイスラテはバニラ or キャラメル?と聞かれます。そうシロップです。甘くないアイスラテを求める方、Nothingと伝えましょう。

dubai-starbacks-singleshot
dubai-starbacks-singleshot

ドバイ or アフリカ飯らしき機内食。とりあえず私には美味しさは理解できませんでした f:id:chororooo:20180908171244j:plain

秋田ロイヤルストレートフラッシュ

2018/3に発売された秋田の山本さんの 秋田ロイヤルストレートフラッシュをジャケ買い+飲ませて頂きました。

name_nihonsyu

名前の通り、秋田の有名どころのお米を5種類そろえた日本酒です。

味の感想を書きます。

【飲んだとき】 少ししゅわしゅわしてます。米の甘みではないですが、米の味はします。 米を甘みで表現する人は多いですが、そうではなくデフォルトの米の味です。 甘さはむしろそんなに感じないかも。

【あてと一緒に飲む】 しゅわしゅわはなくなり、ほんのすこーしだけ苦みをもった感じの日本酒です。 お米のずっしり感がほんのりあります。

【あて】 塩辛等の味の濃い物も会いますが、ジャンキーな味だったらビールの方が会うかな。 やはりお野菜の天ぷらや漬け物が会います。

f:id:chororooo:20180422003509j:plain

ポテサラ、明太子、塩辛、わさび漬け、梅干し、カボチャの天ぷら、とろろそば、がんも で試した所、あう順番ベスト3をつけるなら。 カボチャの天ぷら ポテサラ 梅干し

といったところでしょうか。 京都で食べるようなおばんざい。とかが会うのではないでしょうか。


面白い味になったってラベルの裏に酒蔵の方が記載をしています。 飲んでみれば、わかります。まさに実験をしている味。 きっとただ混ぜ合わせるだけではけして面白いと呼べる味わいにはならないと思う。

日本酒ってどんな味だっけ。何からできてるんだっけ。うまいとかじゃなくて。定番とかじゃなくて。 みたいな原点の自分の知らない原点を思い起こします。

日本酒好きな方、というか米が好きな酒飲みは是非。

2017年冬チェスターコートが流行している理由

ピーコート、ダッフルコート。10年以上前から大流行で誰もが着ていた。

しかし、時代は変わった。ピーコートは、もう、メンズもレディースも殆ど店頭に並んでいない。

2017年はチェスターコートが大流行。ノーカラーコートのフード付きとかも流行だ。

流行の理由を考察する。

【女性版】

1.女性の足を見せるファッションがなくなり、足を長く見せるファッションが流行したこと。

数年前は、"足が細く見える"というキーワードのもと、スキニージーンズや、ショートパンツが流行っていた。 今は、"足が長く見える"というキーワードのもと、ワイドで長いパンツ、特にガウチョパンツが流行。 ロングコートはまさに後者だろう。胸元があいてる分暑苦しく見えないのもメリットだろう。

2.セレブ思考・キャリアウーマンへのあこがれ

多少語弊はあるが、海外セレブの方は大体ロングコートを着ているのだ。また、キャリアウーマンも類似のイメージがあるであろう。 年齢問わず、働く女性が増えていく中で、女性のセクシーさではなく、女性の力強さを見せるような、"カッコイイ女性"を 世の中が求めているのではないかと考える。ジャケットのようなチェスターコートはまさにかっこよさを象徴しているといえるだろう。

3.渡邊直美の存在

海外の影響を受け、体系は大きめ。しかし天真爛漫に活躍され、メイクやファッションも最先端で非常に美しい女性。 海外の雑誌にも取材が入るほど注目されている。 それまで日本では細いことが美しいとされてきたが、彼女の影響でその概念は覆したのだと考える。 丸い体系を丸く見せるのも個人的には可愛くて好きだが、やはり現代は2.のようなかっこよさを求めるのだろう。 彼女もロングのアウターを着ているイメージ強い。

【男性版】

1.女性の影響

元々チェスターコートは男性用がメインで、女性が着だしたことで火がついたと考えられる。

2.中年男性俳優の人気

いわゆるピーコートやダッフルコートが似合う10~20代前半の男性俳優・モデルの方も多々いるが、 年を重ねて30半ばから活躍する俳優が増えてきている。 代表的なのは、ディーンフジオカ、斉藤工高橋一生といったところだろうか。 人気俳優のファッションを真似する事は、現代の流行に少なからず影響を与えていると考えてよいだろう。

まとめ

つまり、年齢層が比較的上のファッションに20代のファッションが近づいてきた。ということだろう。 若い=可愛いではなく、若いけど、若く見られたくない。大人っぽくありたい。大人に負けたくない。 そんな時代の流れに沿っているのではなかろうか。

ヤフーの1on1という本を読んだ。

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

ヤフージャパンの人事部長が書いたという本。

上司との個別面談は定形化されている会社は少なくない。 話を聞いてアドバイスをする、確認をする。そんな上司中心の目的ではなくて、 相手の本質を引き出して前に向かわせるような、 まさに部下を成長させるコミュニケーションの技法が書かれている。

部下は上司を尊重するもの、尊敬するものといった いわゆる日本企業の常識を持った会社ではおそらく実践することはないだろう。

30代前半の個人的に思うのは、 スマホをいじれる子供、学生時代から将来を見据えて努力する若者、 といった人々が増えている現代社会において、 大人になってからITだのスマートフォンだのといって現代ぶってるおじさん、おばさんよりも、 前を向く若者達のポテンシャルを引き出す事こそ、現代の上司と呼ばれる役割の人々が世の中のためにできる大きな仕事ではないだろうか。

この本はそれを前提としている感じがして凄く好き。